git worktreeを理解したい!!!!【もりけん塾 勉強会の復習】

git/GitHub
管理人
管理人

こんにちは、さえと申します👩‍💻
現在 フロントエンドエンジニアになるために 日々勉強をしています
このブログは その勉強の記録と アウトプットのために運営をしています✨

先日、もりけん塾で行われた勉強会で
もりけん先生がgitについてのハンズオンをおこなってくださいました

今回は、ハンズオンの中のgit worktreeについての復習を行いました

git worktreeとは。use caseは。

git worktreeを使用すると、一つのリポジトリに複数のワークツリーを作成し作業できます

もりけん先生のハンズオン教材にありますが、
新機能開発中など、ブランチで作業中に
急なバグ対応をしなくてはいけなくなった場合などに 使用するそうです。

ドキュメントには以下の様にありました

> You are in the middle of a refactoring session and your boss comes in and demands that you fix something immediately. You might typically use git-stash[1] to store your changes away temporarily, however, your working tree is in such a state of disarray (with new, moved, and removed files, and other bits and pieces strewn around) that you don’t want to risk disturbing any of it. Instead, you create a temporary linked working tree to make the emergency fix, remove it when done, and then resume your earlier refactoring session.

DEEPL訳
リファクタリングの最中に、上司がやってきて、すぐに何かを修正するように要求された場合。通常なら git-stash[1] を使って変更を一時的に保存しておくかもしれませんが、作業ツリーは(新しいファイルや移動・削除したファイル、その他の断片が散らばって)無秩序な状態になっており、それを邪魔するリスクは避けたいと思うでしょう。その代わりに、一時的にリンクされた作業ツリーを作成して緊急修正を行い、完了したらそれを削除して、以前のリファクタリングセッションを再開するのです。

Git - git-worktree Documentation

早速やってみる

① 開発用ブランチ(feature/a)で作業中

// 開発用ブランチを作成し、移動
% git checkout -b feature/a
Switched to a new branch 'feature/a'

// 現在のブランチ状況
 % git branch
* feature/a
  main

② 急なバグ対応が入った! 💥
worktreeを作成・追加
git worktree add <path> <branch>

 % git worktree add ./worktree/dev main
Preparing worktree (checking out 'main')
HEAD is now at 9359c6c first commit

現状のディレクトリ状況

作成したworktreeの中でmainブランチにcheckout
この状態で、別のworktreeからmainブランチにcheckoutすることはできない

 % git checkout main
fatal: 'main' is already checked out at <path>

また、上記では既存のbranchを使用しましたが、新たにbranchを切ることもできる

 % git worktree add worktree/dev -b feature/b 

③ 現在のworktreeの状況を確認する

% git worktree list
/Users/sae/Desktop/git_lesson               35fd158 [feature/a]
/Users/sae/Desktop/git_lesson/worktree/dev  513153e [main]

④ 追加したworktreeのディレクトリへ移動

 % cd ./worktree/dev

⑤ ブランチを切り、何か修正・編集を行う

% git checkout -b feature/b
Switched to a new branch 'feature/b'

現状のブランチ状況

 % git branch
+ feature/a
* feature/b
  main

⑥ 作業した内容をgit add、commitする
※./worktree/dev内のファイルで作業する

% git add .

 % git commit -m "fix:fix"
[feature/feature/b 95a6d32] fix:fix
 1 file changed, 1 insertion(+), 1 deletion(-) 

⑦ 元の場所へ戻る

% cd ../../

⑧ 不要になったworktreeを削除する

% git worktree remove ./worktree/dev

feature/bは残ったまま

% git branch
* feature/a
  feature/b
  main

これを統合するタイミングは自分でコントロール可能
また、作成したworktreeから 直接pushすることもできる

git push origin HEAD

参考サイト

Experiment on your code freely with Git worktree
Git is designed in part to enable experimentation. Once you know that your work is safely being tracked and safe states exist for you to fall back upon if somet...

まとめ

gitはまだまだ苦手意識があり、基本的に個人開発でしか使用していないので
use caseもいまいちリアルに感じることができませんでした
git管理をしている現場で働いている方との差を感じました

こういった勉強会の機会を無駄にせず
必要に応じて使いこなせる様にしていきたいです✨


コメント

タイトルとURLをコピーしました