【もりけん塾 @JS課題21・22】JSONデータからtableを作成する sort機能追加 編

JavaScript
管理人
管理人

こんにちは、さえと申します👩‍💻
現在 フロントエンドエンジニアになるために 日々勉強をしています
このブログは その勉強の記録と アウトプットのために運営をしています✨

現在、もりけん塾で
マークアップエンジニアの方がフロントエンドエンジニアになる為の課題に取り組んでいます。
今回は課題21・22の実装で学んだことをブログへまとめます

課題21・22

前回の課題で作成したtableへ機能追加を行いました

課題の仕様

  • id・年齢に sort機能を追加する
  • 初期状態は サーバーからのレスポンス順
  • 上下の矢印両方が共にクリッカブル領域になっていて 押すと以下の順で変化する
    初期状態 ▶︎ 昇順 ▶︎ 降順 ▶︎ 初期状態 …

制作物

Image from Gyazo
Lesson22 - CodeSandbox
Lesson22 by sae-code using parcel-bundler

sortボタンの作成・追加

sortボタンの状態を data属性で管理する仕様にしました
状態は全部で3種類で、初期状態(default)、昇順(asc)、降順(desc) です

const createSortButton = () => {
  const sortButton = createElementWithClassName(
    "button",
    "sort-button js-sort-button"
  );
  // サーバーからからのレスポンス順を初期設定とする
  sortButton.dataset.sortStatus = "default";
  return sortButton;
};

※ createElementWithClassName(type,class)はclass名を付与したHTMLタグを生成する関数

また、矢印画像は CSSで実装しました

.sort-button[data-sort-status="default"] {
  background-image: url(./img/standard.svg);
}

.sort-button[data-sort-status="asc"] {
  background-image: url(./img/asc.svg);
}

.sort-button[data-sort-status="desc"] {
  background-image: url(./img/desc.svg);
}

イベント定義

作成したsortボタンに クリックイベントを定義します

定義するイベントは…
– sortボタンの状態(status)を切り替える
– クリックが起きたセル(id or 年齢)を取得し、状態に合わせてsortさせる
– 順番を書き換える
– クリックされたセル以外の項目のsortボタンはstatusをdefaultにする
(例 : “ID”がクリックされた場合、”年齢”のsortボタンの状態は defaultにする)

const setClickInSortButton = () => {

// sort前の初期状態のrowsを配列に
  const defaultRows = [...document.querySelectorAll(".js-tr-inTbody")];
// sortボタンを全て取得し配列に
  const sortButtons = [...document.querySelectorAll(".js-sort-button")];

  sortButtons.forEach((sortButton) => {
    sortButton.addEventListener("click", (e) => {
      resetSortButtonsExceptTarget(sortButtons, e.target);
      const nextStatus = switchSortStatus(e.target.dataset.sortStatus);
      e.target.dataset.sortStatus = nextStatus;
      const sortedRows = getSortedRows(nextStatus, defaultRows, e.target);
      const tbody = document.querySelector("tbody");
      sortedRows.forEach((row) => {
        tbody.appendChild(row);
      });
    });
  });
};

関数をもう少し細かく見ていきます

状態(status)の切り替え

sortボタンに設定している data属性の切り替えを行います
引数のstatusには sortボタンの現在の状態(status)が渡ってきます
渡ってきた 状態(status)を元に switch文を使用し 切り替えを行います
また、caseのどれにも当てはまらない場合は defaultの状態にする様にしました

const switchSortStatus = (status) => {
  switch (status) {
    case "default":
      return "asc";

    case "desc":
      return "default";

    case "asc":
      return "desc";

    default:
      return "default";
  }
};

sort

sortする方法を整理します

Array.prototype.sort() - JavaScript | MDN
The sort() method sorts the elements of an array in place and returns the sorted array. The default sort order is ascending, built upon converting the eleme...

以下の様な関数を定義しました
引数へは(現在のstatus、配列に格納された初期状態の列達(row)、イベントが起きたbutton要素)が渡ってきます

まず最初に sortボタンのstatusがdefaultなのか それ以外なのか で分岐します
– statusがdefault ….. 早期リターンし defaultRows(初期状態の列群)を返す
– statusがdefault以外 …… statusによってさらに条件分岐

一つめの関門でstatusがdefault以外だった場合、asc(昇順) or desc(降順) で更に条件分岐します
また、ascでもdescでもなかった場合はエラーをポイと投げます

const getSortedRows = (status, defaultRows, target) => {
  if (status === "default") return defaultRows;
  const index = findClickedCellIndex(target);
  switch (status) {
    case "asc":
      return [...defaultRows].sort(
        (a, b) => a.children[index].textContent - b.children[index].textContent
      );
    case "desc":
      return [...defaultRows].sort(
        (a, b) => b.children[index].textContent - a.children[index].textContent
      );
    default:
      throw new Error(`${status} is not provided.`);
  }
};

変数findClickedCellIndexへは、クリックが起きたセルのindexが格納されます
このindexを元にsortを行いました

const findClickedCellIndex = (target) =>[...document.querySelectorAll(".js-th")].indexOf(target.parentElement);

sort部分は以下の様なコードで実装しました
sortは破壊的メソッドで、元の配列に影響を与えてしまうので、
[…defaultRows]とし spred構文を使用しています。
こうすることで defaultRowsのcloneに対してsortさせてるので 元の配列は壊れません

case "asc":
 return [...defaultRows].sort((a, b) => a.children[index].textContent - b.children[index].textContent);
case "desc":
 return [...defaultRows].sort((a, b) => b.children[index].textContent - a.children[index].textContent);

先程のindexを使用し、rowの中でクリックされたセルに対する項目をsortさせました

reset(statusをdefaultに戻す)

sortボタンの中で、今クリックされたボタン(target)で なければ、状態(status)をdefaultにする

const resetSortButtonsExceptTarget = (sortButtons, target) => {
  sortButtons.filter((button) => button !== target).forEach((value) => {
    value.dataset.sortStatus = "default";
  });
}

まとめ

レビューで switch文を使用した条件分岐の書き方をアドバイス頂きました
普段、問答無用で if~else文で書いていた条件分岐ですが、caseによって使い分けることが重要だと学びました。

今回の課題でレビューしてくれた方々ありがとうございました
Thanks to もりけん先生もなかさんちひろさん


コメント

タイトルとURLをコピーしました